2013年03月15日

ハメ手の話。

こんにちは。
イゴックスです。

囲碁の面白いところは色々とありますが、その一つはハメ手ではないでしょうか?
相手に気付かれないようにして本当はこういう狙いがあったなどと。。。
僕が中級の方と打つ場合常習するハメ手を紹介します。
以下のような場面で、
3_ex1.png
この黒1のコスミがハメ手です。相手は黒は右辺に連絡すると勘違いして、黒の頭を叩きました。
すでにご存じの方も多いと思いますが、次の手順で白のタネ石が取られます。
3_ex3.png
白は大損です。

この形は以下のように形を覚えておくと便利です。
実戦でもよく登場します。
3_ex2.png
△は必ずそこになければいけない条件です。
□はそこじゃなくてもシチョウに持ち込めれば良いです。
Bがハメ手で如何ににばれないように打てるかというのが重要です。
黒Bコスミは白の一件飛んだ所の方であることだけ注意すれば良いです。

このようなケースはキリチガイからお互い一間飛びになるケースが多いので、成功すればタネ石が取られて効果抜群です。中級者あたりはよくハマりますよ。(KGSなら3K、都内の碁会所の3段あたりまでは効果的。)

ただ、引っかからない場合は、コスミが緩着になりやすいので注意。


posted by igox at 14:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく出てくる形(1)

イゴックスです。

初心者を卒業すると以下のような形で黒版ならば白が取られていることはご存じだと思います。
2_ex1.png

ここで、白番でこの石を助けたい場合、二通りの方法があります。
まず、アキサンカクで出て行く手です。
2_ex2.png
以降の進行として黒はAかBに効かすような進行が多いです。
白としては形が悪いので、かなり窮屈に逃げるだけのことにないます。
なので非常手段だと思ってください。

もう一方は黒石が並んでいる方へ一件飛ぶ手です。
2_ex3.png
この場合のお互いの急所はAとなります。
なので、白としてはAに打たれることを想定して打つべきです。
この手は一局あたり何回も出てきますので重要です。

◎ポイント
中級者はAに打たれて石が取られることがすごく多いのです。
なので、この手を打つ時は必ず、Aに打たれても問題ないかどうかをセットで考えるようにしましょう。
とりあえず、Aが形の急所であることだけは覚えておいてください。


場合によりますが、黒は以下のような効かしはよくありません。
「タケフの両ノゾキ」と言って損な手です。しかも白は急所を守り強い形になりました。
2_ex8.png

効かすならば以下のような形を目指すべきです。
2_ex9.png
どうですか?
白は窮屈に見えませんか?

今回の件とはあまり関係ないですが、以下のような手も参考にしてください。
手筋問題の常連ですので。。。
2_ex10.png
ラベル:囲碁 実戦
posted by igox at 13:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 囲碁講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↓記事が良かったと思ったら、以下をクリック!

囲碁 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。